TdO 210km 84位

4時起床。5時食事。粥*2杯とパンとフレークとちょっとだけ肉類。

ゼッケンはこんな感じ。



出発準備中ではしゃぐ。


沖縄も5時台は暗くて寒い。飯食い、自転車を下して、軽量化して出発。
寒いし暗いので走るのが怖いが、あっためるためにちょこちょこ力を入れる。
脚の感じは軽い、腰が怠さがあるので、一抹の不安はありつつ。

ならべないので、集合写真とったり、前方が出発するまでに色々挨拶したり
動いたり、ブレーキアーチ〆て貰ったりなど。





【レース】
序盤は周りの展開、スキルレベルを見ながら位置取り。
SEIさん、gogoさん、ロシさんが視界に入ってればいいし
見えなくても積極的に声を掛けて、パックになるように努める。
急なブレーキ・落車はあったけど、平和に進む。


海沿いでどうしても前に出たくなり(テレビに映りたかった)ので
gogoさんに断りを入れ、前方に突進。そしたら、突進しすぎて飛び出した。
まま単独走。前方に逃げが居るので走っても意味ないけど
TAGジャージがテレビに映ったり、顔が映ったりしたらいいなー!と
いうことで単独で淡々と走ってみる。時間にして4分くらい?
ばっちりうつったと思うけど、ロシさん的には「カット!カット!」との事。
ううぅ、頑張ったのに。


なんて遊びをしながら普久川1回目。序盤で落車による足止め。
前方に集団が見えたけど、追い切れず・・・。ryoさんが、すごい勢いで
登って行った。それにも、もちろん付いて行けない。
淡々と、SEIさんとgogoさんと頑張る。
普久川を超え、北部の山をSIEさんとgogoさんとこなしていく。




出典元 photo : www.cyclowired.jp



集団がある程度出来てきてたので、ローテを促すけど入るのは数名。
まぁ、登りもいいペースで行ってるので頑張れる人は頑張れと思いつつ。
このときだったかな、フォルツァ!の新井店長に話しかけてみた。
というのも、僕は覚えていたのだけど富士チャレ200で一緒の集団で
ちょこちょこ話をしたので。リザルトも同じような感じだったから
覚えてた。そしてこの日も最後までずーっと一緒だった(笑)


この辺から腰のだるさが出てくる。いかんなーと思いつつ、普久川の2回目入る前には
フリーダムの店長の爆走により集団のスピードが上がり、思ったより集団が絞られたかな。


普久川2回目は本当にきつくて、SEIさんの淡々と刻んでいくペースに合わせるだけ。
死ぬ…と思いつつ何とかクリア。この辺から腰が痛いに変わり、下りで下ハンで
踏みきれないくらい痛くなる。SEIさんの下りに追い付けなかったり
辛すぎてキレそうだったが、なんとか集団に潜り込んでいた。
前に出ても1秒でパスみたいな、なんとも情けない感じ。


それに引き替え新井店長結構引いてる。しかも実は店長のホイール、チームメイトが
スポーク折ってしまったのに交換していて、フレフレのホイールで走ってるはず。
すげえや。と妙に感心しつつ、登りがダルダルのダンシングで処理していく。


180kmあたりのビーチでテンションが上がり、前で踏み始めるけど結局あまり持たない。
羽地ダムで何名か抜け出していくところで、着いていきたかったけど
ダンシングでも攣り、シッティングでも攣り、踏み込みは腰が痛くて出来ずで
手も足も出ない状態に。


出典元 photo : www.cyclowired.jp


バイクを振って体重だけで上る感じで進む。ラスボスクリア後は正直惰性。
メンバー的にもスプリントする気にならず、頑張って牽いたりしてみて
最後の5kmは全力で回す。残り100mで力尽きて終了。


力尽きたまま、ゴール。84位。パックの人たちと健闘をたたえ合い終了。

+++
ジェルは3つ
ワッフルは3つ
CCD2袋(1リットル)
水500ml
ゲットしたボトル1本(水)

補給はこんな感じ。