2012JCRC第6戦-群馬 17位 21周 126km 3時間35分59秒 AV 35km/h


2時起床2時半出発。八王子付近でゴムさんを拾い、群馬CSCへ。
6時前に着って準備開始。
レースが長いので取りあえず試走は1周だけ。
最近練習させてもらってるBeeさん、アツシさん、風さんにご挨拶。


【レース】
1周目は周囲を見る感じで。と思ったらゴムさんが飛び出し、Beeさんも飛び出し
アツシさんが奇声をあげながら逃げてった。風さんが集団にいるので
取りあえず集団にとどまる。したら、ゴムさんが降ってきた。


逃げが2名となり、結構まったりペースで進む。ちょっと歯がゆいなーと思っていたら
風さんが元気に回していく。が、あまりペースを上げたがらない集団の意思が働き
結構散発的なアタックになってる。それに乗っかって何度か先頭を早目に牽いてみる。
決定的な追走集団は特に決まらず。


7周目、心臓破りで先頭で抜け出せたのでそのまま単独で追走。
単独なので無理だろうなーと思いながら、やれたら自分的には満足かと思いつつ、トライ。
結果はヘアピン後の登り返しで垂れる。データでみると心拍がいっぱいのところで
約9分位単独で走ってたみたい。そりゃ、限界か。


集団吸収され、あとはまったりペースの中で回復する感じ。
途中でアツシさんが吸収されたりするが、こっちもだんだんいっぱいに。
16周あたりは、ハムと四頭筋が攣りそうになりつつ、ごまかしつつしてたら
追走集団が何名か行った。行きたかったが、踏みきれなかった。。。

その後、この辺であと何周なん?みたいな話が集団内で話題に。距離的に100超えてるから
あと2周くらいじゃないっすか?なんて話をしながらこなす。
19周目でゴムさんが心臓破りでアタックしていく。これで終わるかなー終わりたいなー
と思ったら、まだまだ続く感じ。もう1周同じような事がおこって、ほんとの最終周に。


なんていうか、だましは辛い。おかげで20名近くいた集団が心が折れて10名居ないくらいに。
心臓破りの手前から風さんが一人で先行。それを集団は見逃す。
心臓破りは足がもげるくらいの辛さ。ぬぐぐぐと言ってこなす。


なんだかんだで下りは集団で回していく。なんとなく番手を気にしながら。
この緊張感、堪らん。スプリント体制に入ってく。番手は4番手あたり。
イケイケ!と思ってたら、木々がなくなったあたりで先頭がスピードアップ。
まだまだ、腰は上げない。まだ大丈夫。付ける。

下り切って登り始めで2名落ちてきた。あと2名はそのまま行くっぽい。
ようやく腰上げて、へなちょこスプリント。自分なりのフルモガキ。
横からTAGさんが顔を出してきた。えー!ここでか!負け時に踏み込むが
もうすっからかん。結果、0.004秒でTAGさんの下に。えーーーーーー。。。


勝者はBeeさん。最後まで単独で逃げを決めた。つえー…。

****
あとは温泉入って、高速で事故渋滞にはまりつつ、ヒシダ直感ナビで
下道降りたら、意外と待ってた方が早かったりしつつ帰宅。

【反省点】
順位を上げるなら、散発的なアタックより集団で逃げを追えるように
するべきだったかな。でも、とりあえず練習と思えばこれでよかった気がする。
後は心拍ギリギリでの追走がやっぱり弱い。わかってる事なので
トレーニングの積み上げあるのみって所。
ベースもまだまだ弱いので、それも練習あるのみ。
今はレース対応できる身体にしていく事に重点を置いているので、前者に注力かな。


良かったのは、いろんなことをトライした点。
単独追走もしたし、自分からアタックをしてみて、集団がどう動くか見れたし。
まだまだ、経験不足なので経験して積み重ねるにはいい事かなーと。


まぁ、全般レースは楽しい。